2020年04月15日

フォークリフト

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、通常、現場で一個人がなかなか扱う機会はないですし、
もちろんガテンバイトで触る機会はありませんが、
物としてはほぼ確実に倉庫、工場などの現場にありますので、ご紹介を。

フォークリフト

250px-Forklift_Truck_Japanese.svg.png

フォークリフト(Forklift)とは、油圧を利用して昇降および傾斜が可能な荷役用のつめ(フォーク)を車体前面に備えた荷役自動車[1]。国際標準化機構では、英語: forklift truck と呼称している。

日本産業規格の JIS D 6201:2017は、「フォークなどを上下させるマストを備えた自走式荷役運搬車両 全般の呼称。」と規定している。ハンドリフトなど他の産業用車両と区分するため「 1.フォークなどの貨物を保持する装置が装備されている。 2. マストを保有する。 3. 動力を持って走行、フォークなどの昇降をおこなう。」の3つの構造を満たすものをフォークリフトと定義されている。

車体前方にフォーク(つめ)を具備しており、その「つめ」を荷物の下部やパレットに差し込んで、持ち上げて運搬する。
フォークを上昇させると共にマスト(支柱)も伸びて上昇し、車体高さよりも高い場所の荷物も扱うことができる。日本国内では2段伸縮マストで最大揚程3メートルのものが標準であるが、小 - 中型では3 - 4段伸縮で最大揚程8メートルのものも使われている。ISOコンテナ用の30 - 45トンの機種では2段伸縮で最大揚程12 - 15メートルのものもある。逆に少数特殊であるが、車体高さよりも低く短いマスト(ショートマスト)や伸縮しないマスト(モノマスト)を取り付けたものや、車体高さ以下ならフォークを上昇させてもマスト高さが上昇しないもの(フリーリフトタイプ)もあり、トンネル工事、天井の低い屋内や食品庫内、貨物用エレベーターやコンテナ内へ進入して荷役する作業、床置荷役しか行わない場所などで用いられている。

狭い工場内でも多くの重い荷物が運べて、棚の上に積んだりもお手の物で、
大変重宝されるガテンアイテムです。

ただし、操作には免許が必要なため、なかなか触れる機会はないですね。



こうちゃん


posted by 燃えPaPa at 13:55| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

折りコン(折りたたみコンテナ)

こんばんは、こうちゃんです。

現場でちょっと荷物を入れておくのに大変重宝する、

折りたたみコンテナ、略して折りコンです。

9939426_LL1.jpg

固いプラスチックでできていて、うまく組まれているため、
普段は折りたたんで薄い板程度にしておけて、いざ必要な時は、
ふちをつかんで持ち上げるだけで、簡単に頑丈な箱に早変わり、
しかも、それ自体中身を入れて積み上げて段ボール箱のようにも利用可能という大変便利な品です。



こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 14:39| Comment(0) | ガテン現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

プラハン(プラスチックハンマー)

こんばんは、こうちゃんです。

今回も現場用の定番工具のご紹介です。
ハンマーの一種で、先端がプラスチックでできている、
通称プラハンと呼ばれている、プラスチックハンマーです。

800px-Kunststoffhammer.jpg

頭部がプラスチックでできており、対象物を傷つけにくいのが特長です。
硬度・打撃力を確保するために頭部の中心部は鉄製となっている。
傷つけてはいけないもの(たいていはそうですが)、傷のつきやすい素材に圧をかけなくてはいけない場合などに重宝されます。
単にプラスチックだけでできていては衝撃力の方が足りないので、
たいていの場合、先端部の中に、可動式で鉄の重りが入っていて、
降ることで、先端の重さで衝撃力が増すようになっているものがほとんどです。

お客さんの現場では傷つけてはいけないものが多いので、
金属製のハンマーよりも有用なくらいです。

なお、購入する場合、先端部の中央が鉄で可動式でない簡易なもので、1000円前後、
きちんと可動式の鉄の重りの入ったもので5000円前後で購入できます(もちろんもっと高いものも)。



こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 13:14| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

コンサート会場設営・撤収

こんばんは、こうちゃんです。

ちょっと珍しいガテン現場の一種で、
アーティストのコンサートや、アイドルのライブ、イベントなどの、
会場設営、撤収のお仕事があります。

こちら、会場に入っていられる時間(=借りている時間)がシビアなため、
なかなかにハイペースな現場になっていまして。

会場内で集合したら、会社の人などが班分けしまして、
主にバイトの場合は、専門器具を使う作業は担当できないため、だいたいが、

・トラックから荷下ろしを手伝う班
・下した荷物を指示を受けて会場内各所に配る班
・一部、開梱や、単純なマットやイスなどを広げる作業する班

あたりに振り分けられて、開始から2時間くらいで1万人規模のイベント会場なども一瞬で作り上げます。

そして2,3時間くらいイベント中は待機になり、
(現場によっては準備と撤収は別班で、準備だけして解散や、撤収だけで募集されてくる人もいます)

イベント終了後、今後は逆の手順で大急ぎで撤収作業をすることになります。
この場合

・イスやマットや道具を片付けて台車などに積む班
・ひたすらそれを会場内からトラック前に運ぶ班
・積み込みの手伝い班

などに分かれます。
かなり短時間ながら力仕事も多く、疲れる作業ですが、
体感的にはあっという間に終わり、たいてい拘束時間あたりの給与も割高なところが多く、
一度くらいやってみてもよいかと。

ただ、ひとつ欠点があり、夜のライブイベントの撤収とかですと、中途半端に終電ちょっと後に終了、解散になり、
始発までだいぶあり、帰る手段が無い、なんてこともよくあります。

お気をつけください。



こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 05:18| Comment(0) | ガテン現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

サッカー場設営

こんばんは、こうちゃんです。

これまたなかなか珍しいガテン現場のひとつで、

サッカー場設営

芝の準備や、サッカー場⇔野球場の転換などは、大規模な業者がやりますが、
そのほかの、サッカー場で、スポンサー看板を置いたり、臨時のフェンスを設置したりは
バイトの人に依頼されることも多いようです。

会場が使える時間になりましたら、
看板やフェンスを積んだトラックが搬入口に来て、
さすがに芝の中までトラックで持ち込むわけにいかないので、
あとはトラックから下し、台車等でひたすら運搬、設置を繰り返します。

割とスタジアムを使える時間は短く、
特に試合後、閉場までの短い時間で撤収するのはかなりの急ピッチ作業になります。

なかなか大変ですが、サッカー場のあの雰囲気が好きな人にとっては、
一番近い芝生にいられて幸せかもしれませんね。



こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 05:50| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

新年あけましておめでとうございます

こんばんは、こうちゃんです。

ようやっと年も明けましたね。

ちょっといつも通り、あいさつがトロくて、
つい新年時間あいてしまいましたが・・・


あけましておめでとうございます。
 
どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。


少しずつガテンな日記や情報をあげつつ、
まだ力不足なものもあり、
すいませんが、これからがんばっていきますんで、
どうぞこれからもご覧になっていてくださいm(__)m
 

まずは無事に年が明けたことを喜びつつ・・・
これからまた張り切ってがんばりますw
 
張り切るほどの読者の方や、ネタはだいじょぶか?
という疑問も多々ありそうですが・・・

どうかみなさま、
本年もよろしくお願いいたしますm(__)m
 
 
確かにこれはちょっと悲しい

http://crx7601.com/archives/53892436.html

日本、世界でも第三位の経済大国だ、とかデカいこと言ってた気もしますが、
最低賃金のレベルではこんなもんなんですね。
確かに都会の人手不足のバイトとかは、最低賃金どころか、もっと上げてますが、
地方のお客少ない店のバイトとかはじゃんじゃん最低賃金ですもんね。

せめて最低賃金でもフルタイムで働いたら安定して生活できて、
家庭も持てるレベルじゃないと文明国じゃないですよねえ。

よくそう言うと、経営がー、とか言ってる連中いますけど、
そんなん経営者がもらい過ぎだし、
それで運営できないならそもそも事業モデルがおままごとレベルで、
会社にすべきでないってだけだろ、としか思えんです。


こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 02:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

こんな年の瀬に

年末遅くにこんばんは☆

こうちゃんです。

まだほとんど書き進んでいないブログですが、
ご覧になっていただいている方、
ありがとうございます。

本年もお世話になりましたm(__)m

まだまだな私ですが、
物書きは好きなので、
来年こそなんとか書きだしていきますので、
よろしければまたちょっくらのぞいてくださいませ。

よろしくお願いします。


http://usi32.com/archives/5912721
いったん学術的な発見ができるかもどうの、ってのは置いといて、
シンプルにお墓だから、墓あばき禁止な、
ってのが日本人的でいい理由かなと。
実際過去の天皇家の墓、と考えたら、
一民間の調査隊なんかが掘り起こしていいもんでもないですしねえ。


http://jiken24.com/archives/5913149.html
うん、色々と出てきてしまいましたね。
最初は不幸な事故、的な罹患で済ませようとしてましたが、
いかんせんそこは有名人、
全部行動がバレバレになり、
特に感染の可能性のあるハワイから帰ってきて、自粛もせんでそのまま沖縄旅行に、とか、
まあ、そりゃあ全関係者がキレるわ。


こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

チェーンソー

こんばんは、こうちゃんです。

ガテンの仕事ではそんなには使いませんが、
家庭でDIYする時、また山中での作業などでは重要な役割を果たす道具のひとつ、
チェーンソーのご紹介。

chainsaw-3523798_960_720.jpg


チェーンソー(英: chainsaw, chain saw)は、多数の小さな刃がついたチェーンを動力により回転させて、鋸と同様に対象物を切ることができる動力工具の一種である。主に林業や製材で使われる。日本語では鎖鋸(くさりのこ)という。

業界では古くからの読み方でチェンソーと表記するが、なじみのない一般の間ではチェーンソーと呼ばれ、労働安全衛生法や、全国森林組合連合会、全国林業労働力確保支援センター協議会、中央労働災害防止協会など一部の関連団体でもチェーンソーと表記している。

チェンソーはそれ自体が高速で駆動する刃物であり、さらに騒音、振動、木くずを発生させる。また、チェンソーを使って木を切るときは、切った木によって使用者が傷つけられる可能性もある。

chainsaw-3523796_960_720.jpg

日本では建築用材やパルプなどの木材需要が増加した戦後の昭和30年代から普及し、集材機とともに林業の作業現場では欠かすことのできない機械となった。ただしこの時代のものはほとんどがアメリカなどからの輸入品(ポーラン・マッカラーなど)で重量もかさみ、日本人の体格にとっては扱いづらいものであった。チェンソーは、林業の分野においてはほとんど完全に、普通の手動鋸に取って代わった。サイズも多様化し、小は電動のものから大は「木こり用」鋸まで幅広い。軍事工学会ではチェンソーを使う訓練を行なっている。



こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 21:12| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。