2020年04月15日

フォークリフト

こんばんは、こうちゃんです。

今回は、通常、現場で一個人がなかなか扱う機会はないですし、
もちろんガテンバイトで触る機会はありませんが、
物としてはほぼ確実に倉庫、工場などの現場にありますので、ご紹介を。

フォークリフト

250px-Forklift_Truck_Japanese.svg.png

フォークリフト(Forklift)とは、油圧を利用して昇降および傾斜が可能な荷役用のつめ(フォーク)を車体前面に備えた荷役自動車[1]。国際標準化機構では、英語: forklift truck と呼称している。

日本産業規格の JIS D 6201:2017は、「フォークなどを上下させるマストを備えた自走式荷役運搬車両 全般の呼称。」と規定している。ハンドリフトなど他の産業用車両と区分するため「 1.フォークなどの貨物を保持する装置が装備されている。 2. マストを保有する。 3. 動力を持って走行、フォークなどの昇降をおこなう。」の3つの構造を満たすものをフォークリフトと定義されている。

車体前方にフォーク(つめ)を具備しており、その「つめ」を荷物の下部やパレットに差し込んで、持ち上げて運搬する。
フォークを上昇させると共にマスト(支柱)も伸びて上昇し、車体高さよりも高い場所の荷物も扱うことができる。日本国内では2段伸縮マストで最大揚程3メートルのものが標準であるが、小 - 中型では3 - 4段伸縮で最大揚程8メートルのものも使われている。ISOコンテナ用の30 - 45トンの機種では2段伸縮で最大揚程12 - 15メートルのものもある。逆に少数特殊であるが、車体高さよりも低く短いマスト(ショートマスト)や伸縮しないマスト(モノマスト)を取り付けたものや、車体高さ以下ならフォークを上昇させてもマスト高さが上昇しないもの(フリーリフトタイプ)もあり、トンネル工事、天井の低い屋内や食品庫内、貨物用エレベーターやコンテナ内へ進入して荷役する作業、床置荷役しか行わない場所などで用いられている。

狭い工場内でも多くの重い荷物が運べて、棚の上に積んだりもお手の物で、
大変重宝されるガテンアイテムです。

ただし、操作には免許が必要なため、なかなか触れる機会はないですね。



こうちゃん


posted by 燃えPaPa at 13:55| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

プラハン(プラスチックハンマー)

こんばんは、こうちゃんです。

今回も現場用の定番工具のご紹介です。
ハンマーの一種で、先端がプラスチックでできている、
通称プラハンと呼ばれている、プラスチックハンマーです。

800px-Kunststoffhammer.jpg

頭部がプラスチックでできており、対象物を傷つけにくいのが特長です。
硬度・打撃力を確保するために頭部の中心部は鉄製となっている。
傷つけてはいけないもの(たいていはそうですが)、傷のつきやすい素材に圧をかけなくてはいけない場合などに重宝されます。
単にプラスチックだけでできていては衝撃力の方が足りないので、
たいていの場合、先端部の中に、可動式で鉄の重りが入っていて、
降ることで、先端の重さで衝撃力が増すようになっているものがほとんどです。

お客さんの現場では傷つけてはいけないものが多いので、
金属製のハンマーよりも有用なくらいです。

なお、購入する場合、先端部の中央が鉄で可動式でない簡易なもので、1000円前後、
きちんと可動式の鉄の重りの入ったもので5000円前後で購入できます(もちろんもっと高いものも)。



こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 13:14| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

サッカー場設営

こんばんは、こうちゃんです。

これまたなかなか珍しいガテン現場のひとつで、

サッカー場設営

芝の準備や、サッカー場⇔野球場の転換などは、大規模な業者がやりますが、
そのほかの、サッカー場で、スポンサー看板を置いたり、臨時のフェンスを設置したりは
バイトの人に依頼されることも多いようです。

会場が使える時間になりましたら、
看板やフェンスを積んだトラックが搬入口に来て、
さすがに芝の中までトラックで持ち込むわけにいかないので、
あとはトラックから下し、台車等でひたすら運搬、設置を繰り返します。

割とスタジアムを使える時間は短く、
特に試合後、閉場までの短い時間で撤収するのはかなりの急ピッチ作業になります。

なかなか大変ですが、サッカー場のあの雰囲気が好きな人にとっては、
一番近い芝生にいられて幸せかもしれませんね。



こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 05:50| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

チェーンソー

こんばんは、こうちゃんです。

ガテンの仕事ではそんなには使いませんが、
家庭でDIYする時、また山中での作業などでは重要な役割を果たす道具のひとつ、
チェーンソーのご紹介。

chainsaw-3523798_960_720.jpg


チェーンソー(英: chainsaw, chain saw)は、多数の小さな刃がついたチェーンを動力により回転させて、鋸と同様に対象物を切ることができる動力工具の一種である。主に林業や製材で使われる。日本語では鎖鋸(くさりのこ)という。

業界では古くからの読み方でチェンソーと表記するが、なじみのない一般の間ではチェーンソーと呼ばれ、労働安全衛生法や、全国森林組合連合会、全国林業労働力確保支援センター協議会、中央労働災害防止協会など一部の関連団体でもチェーンソーと表記している。

チェンソーはそれ自体が高速で駆動する刃物であり、さらに騒音、振動、木くずを発生させる。また、チェンソーを使って木を切るときは、切った木によって使用者が傷つけられる可能性もある。

chainsaw-3523796_960_720.jpg

日本では建築用材やパルプなどの木材需要が増加した戦後の昭和30年代から普及し、集材機とともに林業の作業現場では欠かすことのできない機械となった。ただしこの時代のものはほとんどがアメリカなどからの輸入品(ポーラン・マッカラーなど)で重量もかさみ、日本人の体格にとっては扱いづらいものであった。チェンソーは、林業の分野においてはほとんど完全に、普通の手動鋸に取って代わった。サイズも多様化し、小は電動のものから大は「木こり用」鋸まで幅広い。軍事工学会ではチェンソーを使う訓練を行なっている。



こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 21:12| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

ガンタッカー

こんばんは、こうちゃんです。

イベント会場の設営などで多く使われますが、
一般人ではなかなかなじみが薄いかもしれない道具のひとつ、
ガンタッカーのご紹介。

51b3qVn7+BL._SX355_.jpg
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%89-R23-%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC-R-23/dp/B00ATZL2LW

ガンタッカーとは、建築用ホッチキスとして、住宅建築などではよく使われます。
壁や屋根に防水シートを貼ったり、外壁に塗るモルタルの乗りをよくするためのラス網を貼ったりするときなどに使います。
参考:https://kurashi-no.jp/I0022161

家庭用ホッチキスは間に物を挟まないと使えませんが、
ガンタッカーは構造上挟めない壁などにも打ち込むことができます。

よくイベント会場設営時などに壁にシートを貼り付けたり、
釘で止めるほどのものではない簡単めの取り付け作業で重宝します。

あまりDIYなどの家庭作業では使わないかもしれませんが、使い方は簡単なので、一度触れておくとよいかもしれません。



こうちゃん
posted by 燃えPaPa at 11:05| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

ハンドフォーク

こんばんは、燃えPaPaです。

今回は重い荷物も多い現場で活躍する器具、ハンドフォークです。

t25-46770.jpg

ハンドフォーク、ハンドリフトとも。
荷物を載せるパレットを移動させるための器具の一つである。

商標でもあるが通称としても使われる、ビシャモンなどとも。

人力であってもより少ない力での作業が可能であり、いわば“手動式のフォークリフト”とも表現できる。フォークリフトと比較した場合、より正確にパレットを配置できる点、特に狭い場所においてのパレット移動が可能な点、フォークリフト運転技能講習(若しくは特別教育)修了者でなくとも重量物の運搬が可能になる点において優れているといえるが、パレットによっては機構部の厚みから爪が入らない場合がある点、単面型以外のパレットでは爪の挿抜時に大きな騒音・振動が生ずる点、両面使用型のパレットの場合は前後輪間に収まるサイズでなければ移動が実質不可能である点は、欠点であるといえる。荷の積載量は最大1500kgの製品が最も多く使用されているが、700kg積から5000kg積まで各種用意されている。

wikipedia参照

パレットの多い現場では小回りが利くし重宝します。
また、フォークリフトを操縦させてくれる場所などほぼないので、
派遣、日雇いで入る現場の場合、これを扱うことの方が多いです。

燃えPaPa
posted by 燃えPaPa at 23:29| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

パレット

こんばんは、燃えPaPaです。

ガテンな現場で物を置いたり整理したりする際に必須な、

パレット

index.jpg

パレット(pallet)は、物流に用いる、荷物を載せるための荷役台。もっとも代表的な平パレットの他に、ボックスパレット、シートパレットなどの多くの種類が存在する。

工場やトラック、コンテナ、倉庫、運送会社での営業所などでの荷役作業を扱いやすくするためのもので、一般的なパレットであれば、運搬の際には台上に荷物を載せ、パレットの脚と脚の間にフォークリフトやハンドリフトの爪を差し込んで持ち上げる。造りのしっかりしたパレットであれば、荷物をはい付けた状態で2段、3段と重ねたり、パレットラックなどの保管設備に格納したりすることができる。材質は木材でできたものが多いが、湿気などに強い合成樹脂製も多くなっている。

−−wikipedia引用

現場で重い荷物を乗せておき、そのままフォークリフトなどで運ぶこともできるため、
大変便利で多用される道具のひとつです。
使わない時は薄いので積んで片づけておくこともできますし。

燃えPaPa
posted by 燃えPaPa at 14:34| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

ステープラー

こんばんは、
燃えPaPaです。

今回は、
身近でよく使い、ガテン現場でも使う道具のひとつ

ステープラー

について解説します。

こちら、
何かというと、

4901480430010.jpg

この、誰もが見たことがあり、使ったこともあるであろう、
ホッチキス
のことです。
こちら、身近な文房具としては、ホッチキス、ないしホチキスとして浸透していますが、
JIS規格上の名称はステープラ(英語: Stapler)となっていて、
ガテン仕事の際には、こちらの、ステープラーと呼んでいます。

用途はご存じの通り、紙に「コ」の字形の針(ステープル、英語: Staple)を刺し通し、
針先の部分を両側から平らに曲げて、紙を綴じる文具である。

かつて、「ホッチキス」は、明治後期に伊藤喜商店がアメリカから輸入し、開発者の名前をとって「ホッチキス自動紙綴器」という名称で販売していた。
しかし日本橋の金物店がすでにホッチキスという商標登録をしており、1917年交渉の末、伊藤喜商店がこの商標を買い取る。
その後まもなく国産品の生産に入り、輸入品との差別化を図るために鳩印をトレードマークに採用した。
とされていますが、イトーキによれば、商標登録したことも、それが失効したことも社内の正式の記録として残っておらず、登録を行った事実はないとしている。

ですので、実際には、ステープラーと呼んでも、ホッチキスと呼んでも(商品に名づけても)特に問題はないかと。

現場では、特に、木材の壁や、パーツを組んだ後に(さすがに組むのにはビスを使います)、
布を貼り付ける際の固定などに、このステープラーを使います。

そこそこ頑丈な固定、でも用が済めばすぐに外せることから、重宝される場面は多いです。
また、目的として、壁に打つことが多く、
通常の子供用の、紙を挟むような構造では、板・壁などに打つことは難しいため、

3308295_2.jpg

このような、片面が露出していて、壁等固い場所に押し当てて使う用途のものが仕事にはよく使われます。


燃えPaPa

posted by 燃えPaPa at 22:03| Comment(0) | ガテン道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。