2020年08月05日

とどめww

二人で狩りに出たニュージャージー州のハンターが森を歩いていたところ、一人が地面に崩れ落ちた。
彼は呼吸している様子もなく、白目を剥いていた
もう一人のハンターは慌てて取り出した携帯電話で救急隊に電話をかけ、『友人が死んでしまった! どうすればいい?』と聞いた。

救急隊のオペレーターはなだめるような冷静な声で返答した
「落ち着いて 大丈夫 まず、死んでるかどうかを確実に」

オペレーターの耳に1発の銃声が響いた

「確実にしたよ! で、これからどうしたらいい?」

 

 

 

−−−−−

とどめ刺したんかいww

ダメじゃん
posted by こうちゃん at 12:59| Comment(0) | アホ怖い系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

壁際!?

図書館で本を借りに行った。
壁際の棚にある小説の特集コーナーに行き、面白そうな
タイトルの本を抜き取りパラパラめくる。
抜き取ったとき棚の隙間から向こう側の人と一瞬目が合った。
10分ほど吟味した後良さそうな本を3冊抜き取って司書さんの所へ。
帰路の途中やっぱりあの本も借りておけば良かったと後悔したけど
まあいいやと思ってそのまま帰った。

 

−−−−−

 

壁際の棚を見たはずなのに・・・

そこから目が見えるってことは・・・

 

壁に埋められてたのは誰なんでしょうねえ
posted by こうちゃん at 12:45| Comment(0) | 事件系怖い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

事件の凶器は?

近頃の警察はなにやってんだろうね。
血税でで食わせてもらってるくせに、ろくな働きしないんだからとんだ穀潰しだ。

先週、職場の近くで殺人事件があったんだよ。
若い女をアイスピックでめった刺し。
しかも普通のアイスピックじゃない、業務用の三本歯のやつでだぜ?怖いだろ。

小さな町だから、どこ行ってもその話で持ちきりだ。
マスコミもかなり大きく取り上げてる。
滅多にない大ニュースだから無理もないけど、
恐怖を煽るだけ煽って無責任なものだ。
うちのばあちゃんなんか、可哀相なぐらい怯えちゃって、
毎日仏壇の前で手を合わせている。

なのに警察ときたら、まだ凶器すら判明できないだとよ。
まったく馬鹿にしているとしか思えないね。

 

 

 

−−−−−

 

そらばーちゃんおびえるわ

凶器判明してないってなってるのに・・・ww

 

凶器知ってるあんたが犯人やん

こうちゃん 
posted by こうちゃん at 12:47| Comment(0) | 事件系怖い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

心霊じゃないなら・・・

誕生日に、ホームパーティを開いた。
その時、家の中で皆の写真を撮っていたら、
変なものが映った。
背後の押入れから見知らぬ青白い顔の女が顔を出し、
こちらを睨みつけてる。
「これやばくないか?」と思い、
霊能力者に写真を鑑定してもらった。

「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」
それを聞いた僕らは安心した。

 


ーーーーー
 

じゃあ、心霊じゃないなら写っているのは・・・

てことは・・・

実在の・・・

 

考えたらおそろしいですね

こうちゃん
posted by こうちゃん at 12:49| Comment(0) | 事件系怖い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

犯人は・・・

ニュースを見ていると、友人の家が映った。

何があったのかと思うと、壁の中から少女の遺体が出てきたらしい。

すぐに友人に電話して事情を聞いてみた。

友人は既に引っ越していて、もうその家には住んでないらしい。

「んで、お前が住んでたあの家、壁の中から遺体が出てきたらしいぜ。」

「え、マジかよ。」

「今の住人がリフォームしようとして、見つけたんだと。」

「うわぁ……怖ぇな……」

「怖いよな。殺して壁に埋めるって、正気の沙汰じゃないもんな。」

「いや、その子も可哀想だけど、オレ何も気づかずその家に住んでたんだぜ。」
「確かにそうだな。」
「それが怖ぇよ。考えるとゾッとしてきたわ……」
確かに、自分の家に遺体が埋まってるとか、考えただけでもゾッとする。
友人にとっては自分の身に起きたことだ。しばらく辛いだろうな……

 

 

ーーーーー

なぜ遺体として言ってないのに、

子て!?
posted by こうちゃん at 12:50| Comment(0) | 事件系怖い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

殺人がバレた!?

私は風呂でシャワーを浴びているときリビングの方から一つの悲鳴が聞こえた。
私はすぐに風呂から上がり、素っ裸でリビングに向かう。

するとそこには、覆面を被った男と体から血を流した父と母と妹の死体が床に横たわっていた。
覆面の男は私を見た途端、すぐさま窓から逃げ出し私は顔を真っ青に染めながらその場に座り込んだ。

 

 

悲鳴がひとつ

てことは・・・殺したのは私、で泥棒はそれを知って逃げた、と
posted by こうちゃん at 12:51| Comment(0) | 事件系怖い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

気づかない方が幸せだったのに

88歳のおじいさんが病院にやってきました。
「先生、聞いてくださいよ!わしの嫁は18歳なんですが、この度めでたく、わしの子をみごもったんですよ!!」
医者はしばらく考えてから、口を開きました。

「こんな話をご存じですか。
 狙った熊は決して逃がさない熊撃ちの名人がいた。
 ところがある日、急いでいたのでうっかりして、猟銃の代わりに傘を持って熊撃ちに出てしまった。
 そして熊に遭遇。彼はまだ傘と気づかずに猟銃のつもりで傘を構え、ひきがねのつもりで傘の持ち手をバーンと引いた。
 すると熊はパタリと倒れた。見れば心臓を銃弾が直撃…」

「そんなバカな!あるとすれば、その弾は他の人が撃ったに違いない」

「そういうことです」

 

 

 

−−−−−

わかりやす過ぎる例えで悲しいww

真実にはふれない方がよいかと
posted by こうちゃん at 12:59| Comment(0) | アホ怖い系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

広い庭で草を食え

ある金持ちの男が散歩をしていると道端で雑草を食べている小汚い男に出くわした。

「なぜ君は草なんか食べてるんだ?」
「貧しくて食料を買う金がないんです。」
「それは可哀想に。今からうちに来なさい。ご馳走するよ。」
「ありがとうございます。家で腹を空かしている妻と子も連れて行っていいですか?」
すると金持ちはこう答えたんだ。

「かまわんよ。うちは庭が広いから」

 

 

−−−−−

結局ご馳走するのは雑草なんですねww

切ないブラックジョークですね。
posted by こうちゃん at 13:00| Comment(0) | アホ怖い系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする